FC2ブログ
埼玉県熊谷市 Englishers Factory です。小規模ながらも地域No.1のTOEICクラスを目指し日々奮闘中です!TOEICに関すること、旅のこと、過去の仕事の話し、英語にはまったく関係のないことなど…幅広く話していきたいと思います!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
油断大敵… 2
前回の続きです。

ちょっと説明が足りなかったのですが、あんまり難しく考えなければ「答えは(B)かな?」と分かっていただけたんじゃないかと思います。

"one of ***" で「~のひとつ」になりますよね。"one of my friends"が「(僕の)友達の一人」になるようなイメージで、複数のうちのひとつ(一人)ってことです。大事なのは"of"の後が複数形になるってことですよね。

この手の問題が出てきたら「ラッキ~!」と、1問あたりの時間配分を30秒以内としているPART5(自分の場合)を、5秒で終わらせることが出来ちゃいます。25秒も稼げちゃうんですね!これはほんとに超ラッキー問題です!

とまぁ、ここまではいいんですけど…こないだ、練習をしているときにこの手の問題が出てきまして…「うん(B)だ」と思ってマークシートを黒く塗りつぶした…つもりだったんです。。

が!!(B)だと思っていたマークシートはなんと、(A)だったんです!!

それぞれの解答選択肢は (A) sponsor (B) sponsors
となっていて、両者の違いは、複数であることを意味する一番最後の"s"だけです。

ぱっと見で(B)だと判断し、それは間違っていなかったのですが、マークシートを塗りつぶす段階で間違っちゃったんです…(恥)

こんな間違いをする人も珍しいんじゃないかと思うんですけど、言いたいことはですね、「油断大敵!」ということなんです。

いやぁ、これが本番だったらと思うと冷や汗どころの騒ぎじゃありませんね。英語力っていうのはもちろんなんですけど、落ち着いて問題に取り組むっていうことはもっと大事かもしれません。

TVのクイズ番組を見ていたら、石田衣良さんに「次回、ロンドン五輪の開催年は?」と、こんな質問が出されたんです。石田さんは「2013年」と答えていました…。今が2009年だと思ってたと、後で言っていました。こんな間違いもあるんです。

こんな間違いはしないように、1問1問を大切にしていきましょう、という教訓(笑い話)?でした(泣)。。。
コメント
この記事へのコメント
究極の MOTTAINAI ですね。
正解が分かっていながら、もったいないミスですよね~。
私も、同じことを練習の時にやっていました。
本番もやってしまったかどうかは定かではありません。(笑)

2008/11/25(火) 20:44:35 | URL | Nemo #-[ 編集]
こんばんは
MOTTAINAIですよね…。ケアレスミスっていうんですか?こういうのって結構(?)あると思うんです。本番でどうだったかってのが分からないのが辛いところです。。。
2008/11/25(火) 22:17:32 | URL | fujii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。