FC2ブログ
埼玉県熊谷市 Englishers Factory です。小規模ながらも地域No.1のTOEICクラスを目指し日々奮闘中です!TOEICに関すること、旅のこと、過去の仕事の話し、英語にはまったく関係のないことなど…幅広く話していきたいと思います!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナダの語学学校 その2
Teacher Trainingに集まってくれた生徒は3人(最大6人までの少人数制クラスだったので、3人でもOKだった)。自分も生徒として授業に参加した。授業終了時には生徒の意見を聞き、良かった点と悪かった点を教えてもらう。初回はいまいちの評価だったが、回を重ねるごとにトムも自分なりのペースをつかみ、生徒からの評価も上がっていった。

トムと自分とのやり取り、生徒とトムとのやり取り、生徒と自分とのやり取り。試行錯誤があり、2週間のTeacher Trainingは終わった。今まではTOFELを専門で教えていたトムも、この時点ではTOEICを教えるほうが好きだとまで言っていた(笑)。

カナダには多くの語学学校があり、それぞれが独自メソッドのTOEICクラスを持っている。知名度の高い大きな語学学校には多くの生徒が集まる(大きな語学学校には多くの生徒が集まる。そしてさらに大きくなっていく。教育の質がいいからという理由もあるだろうが、それ以外のワケもあります。それは…いつか話します)。しかし、どんな語学学校にも負けないTOEICクラスが出来たと自負している。

「このTOEICクラスは何が売りですか?他の学校とはどう違うんですか?」営業先でこう聞かれた。「仕事を持つ人も通えるようにイブニングクラスを設けました。少人数制で、授業料が安く…」言葉ではうまく伝えられなかった。「一度トムの授業を受けてみてください。そうすれば良さが分かります。それにトム…イケメンですよ(笑)!」これが本音だった(営業失格な営業です(笑))。

残念ながら、TOEICクラス設立後まもなくして、自分は日本に帰ることを余儀なくされてしまいました(クビになったんじゃないですよ(笑))。そのため、その後のトムのクラスがどうなったのかは分かりません。一緒に営業を頑張ってきた同僚のリーさん、ハルミさんが学校を盛り上げてくれていることと思います。きっと、TOEICクラスも人気を博していることでしょう。機会があったらいつか、思い出の学校に遊びに行きたいと思っています。

トムが日本に来た際にはFujii TOEIC Classで特別授業をやってもらうのもいいかもしれませんね!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。