FC2ブログ
埼玉県熊谷市 Englishers Factory です。小規模ながらも地域No.1のTOEICクラスを目指し日々奮闘中です!TOEICに関すること、旅のこと、過去の仕事の話し、英語にはまったく関係のないことなど…幅広く話していきたいと思います!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Cloned baby その2
前回の"Cloned baby"の一部分を抜粋してみます。

Panayiotis Zavos has broken the ultimate taboo of transferring cloned embryos into the human womb,

とあります。クローン胚を人間の子宮に移植したと。越えてはいけないラインを超えてしまったような表現で、Panayiotis Zavos先生は"the ultimate taboo"を破ったと。

クローン胚を人間の女性の子宮に移植すると、クローン人間が生まれる可能性があるそうで。確かに、"the ultimate taboo"、究極のタブーを破ったという表現がぴったりだなぁと。

もしかしたら羊のドリーみたいなクローン人間が…。

"We are not interested in cloning the Michael Jordans and the Michael Jacksons of this world. The rich and the famous don't participate in this."

「マイケル・ジョーダンやマイケル・ジャクソンのクローンを生み出したいわけじゃない。金持ちや有名人はこの件には関与していない」と、Panayiotis Zavos先生は言ってます。

クローンと言ったらすぐにこういうよからぬこと(?)を思い浮かべちゃうのは自分だけでしょうか…?

Dr Zavos also revealed that he has produced cloned embryos of three dead people, including a 10-year-old child called Cady, who died in a car crash. He did so after being asked by grieving relatives if he could create biological clones of their loved ones.

3人の亡くなった人のクローン胚を作ったそうです。その中の一人が、交通事故で亡くなった、Cadyという10歳の子だそうで。親族にCadyのクローンを作れないかって、尋ねられたみたいです。

愛する我が子を早くに亡くしたら、そういう気持ちになるのも自然なことなんでしょうかね…。

とまぁ、かなり簡単に抜粋して、かなり簡単に訳してみましたけど、一部分を読んでみるだけでも、なるほどなって思えるんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト
Cloned baby
Controversial doctor filmed creating embryos before injecting them into wombs of women wanting cloned babies

A controversial fertility doctor claimed yesterday to have cloned 14 human embryos and transferred 11 of them into the wombs of four women who had been prepared to give birth to cloned babies.

The cloning was recorded by an independent documentary film-maker who has testified to The Independent that the cloning had taken place and that the women were genuinely hoping to become pregnant with the first cloned embryos specifically created for the purposes of human reproduction.

この先生、いろいろなことを語っています。内容ははっきり言って難しいです。でも読んでみる(挑戦してみる)価値はあるかと思います。下のURLから入ってみてください。いろいろと考えちゃいますね…。

Fertility expert: 'I can clone a human being'
Life on the Refrigerator Door
洋書(英語)を読んでみたいけど、どんなものを読んでいいのか?そんな方も多いかと思います。皆さんは何を基準に洋書を選びますか?まずは内容。ミステリー。恋愛モノ。ヤングアダルト。これは好みですよね。単語や文法の難易度。これも結構大事な要素。なかにはレベル分けがされている学習者向けの本もあります。

どんな内容のものでもいい。極端に難しいものでなければなんでもいい。そんな方は、ページ数の少ない、文字もちょっと大きめなものを選んでみるといいと思います。学習者向けの本でなくてもいけると思います。いきなり『ハリーポッター』みたいな分厚い本は選ばないほうが無難です。視覚が拒否反応を起こしたら、それより先には進めません。日本語の本でも同じことですよね。

今日紹介したい一冊は"Life on the Refrigerator Door"です。

文字数は決して多くありません。完璧に理解出来なくても、原書のみを読んでいただき、英語の世界をイメージしてほしい。そんな一冊です。小説のイメージは捨ててください。

母と娘の会話は冷蔵庫に貼られたメモ。どれも心を打つ言葉ばかりです。

"When I look at you
I see the woman I want to be
Strong and brave
Beautiful and free"

10 Best Restaurant Cities
こんな記事を見つけました。それほど長い英文ではないので、どんなことが書かれているか読解してみてください!

Which is the most exciting restaurant city in the world right now? Hint: It’s not Paris, and it’s not New York.... It’s Tokyo, hands-down, thanks to the city’s ultra-diverse, thrillingly dynamic food scene.

1. Tokyo
2. Paris
3. New York City
4. London
5. Barcelona
6. Sydney
7. Madrid
8. Chicago
9. Stockholm
10. Vancouver, Canada

視点を変えて、こんな本を読んで(見て)みるのも面白いかもしれません。『ロンリープラネット』、略して『ロンプラ』です。日本のことがどう書かれているか?海外の人は日本のどんな場所、物に興味があるのか?海外の人と日本の文化や歴史などについて話しをする機会って結構多いものですよ!

この本は日本で言うところの『地球の歩き方』みたいな感じです。英語圏のバックパッカーさんの多くが『ロンプラ』片手に一人旅です。ただ…写真が少なくて、ちょっと面白みに欠けるんですよねぇ。ま、実物は旅先でってことなんでしょうか?


Obama Prague Speech: A World Without Nuclear Weapons
プラハでの、オバマさんの核廃絶に関する演説です。ちょっと感動したので紹介します。英文と照らし合わせて動画を見てみると分かりやすいと思います。分からない単語は調べてみて読解チャレンジしてみてください!



Now, one of those issues that I'll focus on today is fundamental to the security of our nations and to the peace of the world -- that's the future of nuclear weapons in the 21st century.

The existence of thousands of nuclear weapons is the most dangerous legacy of the Cold War. No nuclear war was fought between the United States and the Soviet Union, but generations lived with the knowledge that their world could be erased in a single flash of light. Cities like Prague that existed for centuries, that embodied the beauty and the talent of so much of humanity, would have ceased to exist.

Today, the Cold War has disappeared but thousands of those weapons have not. In a strange turn of history, the threat of global nuclear war has gone down, but the risk of a nuclear attack has gone up. More nations have acquired these weapons. Testing has continued. Black market trade in nuclear secrets and nuclear materials abound. The technology to build a bomb has spread. Terrorists are determined to buy, build or steal one. Our efforts to contain these dangers are centered on a global non-proliferation regime, but as more people and nations break the rules, we could reach the point where the center cannot hold.

Now, understand, this matters to people everywhere. One nuclear weapon exploded in one city -- be it New York or Moscow, Islamabad or Mumbai, Tokyo or Tel Aviv, Paris or Prague -- could kill hundreds of thousands of people. And no matter where it happens, there is no end to what the consequences might be -- for our global safety, our security, our society, our economy, to our ultimate survival.

Some argue that the spread of these weapons cannot be stopped, cannot be checked -- that we are destined to live in a world where more nations and more people possess the ultimate tools of destruction. Such fatalism is a deadly adversary, for if we believe that the spread of nuclear weapons is inevitable, then in some way we are admitting to ourselves that the use of nuclear weapons is inevitable.

Just as we stood for freedom in the 20th century, we must stand together for the right of people everywhere to live free from fear in the 21st century. (Applause.) And as nuclear power -- as a nuclear power, as the only nuclear power to have used a nuclear weapon, the United States has a moral responsibility to act. We cannot succeed in this endeavor alone, but we can lead it, we can start it.

So today, I state clearly and with conviction America's commitment to seek the peace and security of a world without nuclear weapons. (Applause.) I'm not naive. This goal will not be reached quickly -- perhaps not in my lifetime. It will take patience and persistence. But now we, too, must ignore the voices who tell us that the world cannot change. We have to insist, "Yes, we can." (Applause.)

ちょっと前のことになりますけど、このオバマさんの演説本を買ってしまいました。まだ大統領に選ばれる前の演説集です。今はこれ以外にもいろいろ出てますよね。英語の勉強を始めるきっかけとしてはちょっと難易度が高いかもしれないですけど、流行に乗るっていうのは悪いことじゃないと思います。


ひとりごち
大袈裟に言えば、考え方なんてものは一日の中でも変わるもの。それが一週間単位、一ヶ月単位、一年単位なんて長期になれば、あっちに行ったりこっちに戻ったり、消えたり浮かんだり…ってなったりするのが自然だと思います。

もちろん初志貫徹という人もいるでしょうけど、ある何かに対する考え方が変わっていくということは悪いことじゃないと思います。

例えば…子どもの頃に夢見ていたのはプロ野球選手。でも、高校生になって、音楽に出会って、そこで気が変わって、ミュージシャンになりたくなった。みたいな。ん?ちょっと違うかな?

他には…仕事ってのは生活のためで、どんな仕事でもいいからとにかく働けばいい。って思ってたのに、一日の半分は働いているわけだから、なんでもいいじゃなくて、自分のやりたい仕事をするべきだ。って考え方になった。みたいな。

「おまえ、この前と言ってることが違うじゃねぇか!」って言われても、考え方が変わったんだから仕方ない。これって、ある種の成長じゃないかなぁとも思うんです。進歩とか変化とか。

英語の勉強もそう。「TOEICなんて実践ではなんの役にも立たない机上の試験だ」って思ってたのに、「TOEICは実践では役に立たないかもしれないけど、必ずしも無意味ではない」ってなれば、それでいいですよね。

人生は短い(長いって言う場合もありますけど…)。その都度その都度、自分の考え方を自分でリスペクトすることで、前に進めるんだと思います。自分の考え方に自分が否定的になってたら、短い人生、もったいない。

まぁ…「なるほど」とか「そうだそうだ」とか思っていただければ。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。