FC2ブログ
埼玉県熊谷市 Englishers Factory です。小規模ながらも地域No.1のTOEICクラスを目指し日々奮闘中です!TOEICに関すること、旅のこと、過去の仕事の話し、英語にはまったく関係のないことなど…幅広く話していきたいと思います!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Rain check
ドラマ『24』で主人公ジャック・バウアーの上司、ビル・ブキャナンという人が、ある女性(なんて名前の人だったか…)を食事に誘ったシーンがありました(うる覚えです)。

その女性は笑顔で"Rain check."と言いました。

"Rain check"という言葉も初耳で、もちろん意味も知らなかったので調べてみると、「また今度誘って」みたいな意味でした。

ある日のこと、カナダでの出来事です。知人から「これからケーキを食べに行くんだけど、行くか?」と誘われました。時間はすでに真夜中…。「いやいや、こんな時間にケーキなんてありえないっしょ」と思った僕は、試しに"Rain check."と言ってみました。知人は"OK."と一言。

まさに、ドラマから習った一言でした。海外ドラマで使われるセリフを実生活で使うなんて、そんな機会はそうそうあるもんじゃないですけど、試しに言ってみて通じたこのときは、ちょっと感動しましたね。

ふと、思い出したので書いてみました。。
スポンサーサイト
旅立ちの季節
最後にブログを更新してから一ヶ月も経ってしまいました…。

最近はアメリカの海外ドラマよりも韓国モノにはまっています。「冬のソナタ」が終わってからは「チュモン」や「チャングムの誓い」を見ています。どちらも韓国の時代劇って感じのドラマなんですけど、なかなか面白い。韓国語の勉強はしていませんが、ドラマを見ているうちに、自然に、少しずつ、言葉を覚えているようです。ドラマを見て、さらに字を書いたり、本を読んだりをすれば上達も早いんでしょうけどね…。

もうすぐ、友達が沖縄へと発ちます。最低でも3年間。長ければそれ以上になるとのこと。沖縄で好きな空手を習い、そして、柔道整復師になるべく、学校に通うそうです。

20代前半のような若さで新たなことにチャレンジするのではなく、30代中盤でのチャレンジ。意を決するにも相当の覚悟が必要だったでしょう。

"Never too late to learn"「学ぶのに遅すぎることはない」という言葉がありますが、学びのスタートが遅ければ遅すぎるほど、迷いが大きくなるのも事実。それでも彼は決めました。

新天地での彼の活躍に期待すると同時に、何よりも、新たな生活を楽しんでほしいなと思います!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。