FC2ブログ
埼玉県熊谷市 Englishers Factory です。小規模ながらも地域No.1のTOEICクラスを目指し日々奮闘中です!TOEICに関すること、旅のこと、過去の仕事の話し、英語にはまったく関係のないことなど…幅広く話していきたいと思います!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月31日
今年一年もいろいろありました。

このブログを読んでくれた方、ありがとうございました。

2009年が皆さまにとって良い一年になりますようにヽ(^。^)ノ
スポンサーサイト
PART5を攻略しよう 3
***** ***** ***** (-----) ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) however
(B) therefore
(C) because
(D) moreover

このような“文章を完璧に理解する必要がある問題=時間がかかる問題”は、どうやって解いたらいいのか?

何度も言うようですが、文章をよく読み、理解し、さらには4つの解答選択肢の意味も分からなければ正しい解答は得られないんです。残念ながら、ボキャブラリーを増やしていくしかないんです(泣)。

接続詞、転換語(however, thereforeなど)は基本的な意味だけでも覚えておけばそれなりに対応できます。本番で出題される可能性も高いです。日常生活での使用頻度は低いような単語もありますが、覚えておいて損はないと思います。

「しかし」「だけど」系

but, however, although, though, nevertherless, nontherless, even though, yet, despite, in spite of...

「なぜならば」「だから」系

so, because, because of, due to, therefore, consequently, accordingly, hence, thus, since...

「さらに」「そのうえ」系

moreover, furthermore, in addition, besides...

それぞれの単語には、それぞれの使い方というのもあります。それはまぁ、少しずつ、少しずつ…。
PART5を攻略しよう 2
***** ***** ***** surprised (-----) ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) in
(B) at
(C) on
(D) with

これは“1.文法の知識だけで解ける問題=時間がかからない問題”です。

答えは(B)です。be surprised at ***** 「***** に驚く」という意味ですね。こんな問題はなかなか出題されないでしょうが、万に一つの確立で出くわしたら、一瞬で解きたいですね。

***** ***** ***** (-----) ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) however
(B) therefore
(C) because
(D) moreover

大変なのはこちら“2.文章を完璧に理解する必要がある問題=時間がかかる問題”です。

解答選択肢を簡単な日本語にしてみます。

(A) しかし
(B) だから
(C) なぜなら
(D) さらに

空欄部分を境にA(前文)とB(後文)に分け、両者はこんな文章だとしましょう。

A:今日は寒かった
B:部屋にいた

解答選択肢の中で、この2つの文章をうまくつなげることが出来るのは、おそらく(B)でしょう。「今日は寒かった。だから、部屋にいた」になりますよね。

では、これはどうでしょう?

A:今日は寒かった
B:Tシャツ1枚でジョギングした

解答選択肢の中で、この2つの文章をうまくつなげることが出来るのは、おそらく(A)でしょう。「今日は寒かった。しかし、Tシャツ1枚でジョギングした」ですよね。

この問題は、両方(AとB)の文意をしっかりと理解しなければ解けない問題です。いくら難しい単語が並んでいようと、完璧な理解が求められます。なぜなら、「今日は寒かった」を「今日は暑かった」と解釈してしまっては、解答が異なってしまうからです。
PART5を攻略しよう
***** ***** ***** surprised (-----) ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) in
(B) at
(C) on
(D) with

***** ***** ***** (-----) ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) however
(B) therefore
(C) because
(D) moreover

*****には何やら難しい単語ばかりが並んでいる…。これを丁寧に読み、文章を完璧に理解する必要があるのか?

TOEICの[PART5短文穴埋め問題]は、1.文法の知識だけで解ける問題=時間がかからない問題(今までにも少し書いてきたような問題)と、2.文章を完璧に理解する必要がある問題=時間がかかる問題とに分かれます。
前回の答え
***** ***** composed (-----) of ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) main (名詞:主要部、(水道・ガスの)本管、形容詞:主要な)
(B) mains (名詞の複数形)
(C) mainly (副詞:主に)
(D) mainlly (スペルミス!)

この文章と解答選択肢なら、答えは(C)になります。

be composed mainly of 「主に~から成り立っている、~で構成されている」
compare favorably with 「(~と比べて)勝るとも劣らない」

のように、<動詞+副詞+前置詞>の形は多くあります。

動詞と前置詞の間に副詞が入るのか、名詞が入るのか、文章をしっかり読まなければ分からない。そんな問題もあります。

知っていれば一瞬で解ける!知らなければいくら考えても解けない!当たり前なんですけどね…。時間はかかりますけど、「知っている」を増やすことが大事ですよね。
これはどうでしょう?
***** ***** composed (-----) of ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) main
(B) mains
(C) mainly
(D) mainlly
前回の問題の答え
前回の問題の答えです。

The (-----) of ***** ***** ***** ***** ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) success
(B) succeed
(C) successfully
(D) succeeded

これは(A)が正解です。冠詞である"The"の後ろには、なんかしら名詞が欲しいですからね。選択肢の中で名詞は(A)だけです。<冠詞+名詞>の組み合わせを知っていれば ***** の部分は読む必要が無いはずです。例外はいろいろありますけど、基本をおさえておけばいいと思います。

「どれが名詞でどれが副詞でどれが動詞でどれが形容詞でどれが冠詞でどれが代名詞でどれが接続詞で…とにかく分からない!」という方もいますよね。英語の勉強を始めたばかりの人の多くは、このあたりで嫌になるんだと思います。

簡単な覚え方っていうのはあるようでありません。単語の意味を覚えるついでに、その単語の品詞(名詞、副詞など)も覚えるようにするのがいいと思います。地味なようですが、これこそが一番の近道!

(-----) ***** ***** and ***** ***** ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) Either
(B) Neither
(C) Both
(D) Boss

これは(C)が正解です。この問題はこんなパターンで出題されることもあります。上記の逆バージョンですね。

Both A (-----) B ***** ***** ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) and
(B) or
(C) nor
(D) also

(A)が正解になりますね。多くの問題集で目にします。これは覚えちゃったほうがいいです。本番で出たら超ラッキー!

Both A and B...「AとBのどちらも…」
Neither A nor B...「AとBのどちらも…でない」
Either A or B...「AかBのどちらか…」

めちゃくちゃ簡単に書きましたが、この3セットくらいは覚えておいても損はないと思います。

理屈ではなく、「こうきたらこうだ!」と覚えちゃうのも悪くないですよ。前回も言いましたが、これはテクニックでも裏技でもなんでもなく、正真正銘の実力です!
これも実力!
The (-----) of ***** ***** ***** ***** ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) success
(B) succeed
(C) successfully
(D) succeeded

前にも話しましたが、PART5[短文穴埋め問題]には一瞬で解けてしまう問題もあるんですよね。なかには難しい問題もありますけど、こういう問題で時間を稼ぎたいところです。

「こんな解き方は実力じゃない」と言う人もいるかもしれません。でも、これは、正真正銘の実力です。テクニックでもなんでもありません。「文法を知っている」ということですからね。

(-----) ***** ***** and ***** ***** ***** *****
***** ***** ***** ***** ***** ***** *****.

(A) Either
(B) Neither
(C) Both
(D) Boss

これはどうでしょう?文法を知っているのと同時に、単語のスペルも知っていないと解けません(って言っちゃったら選択肢は2つに絞られちゃいますね…)。テクニックでもなんでもないんです。一瞬で解けてしまう問題であっても、それは、実力なんです!

*****に見たことのない単語があったとしても見て見ぬ振りです(笑)!文法の知識だけで解いちゃえばいいんです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。