埼玉県熊谷市 Englishers Factory です。小規模ながらも地域No.1のTOEICクラスを目指し日々奮闘中です!TOEICに関すること、旅のこと、過去の仕事の話し、英語にはまったく関係のないことなど…幅広く話していきたいと思います!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cicadas
蝉が元気だ。

朝からツクツクボウシが鳴いていた。うるせぇ…。でも夏って感じ。

そのときふと思った。

「蝉って英語でどう泣くの?」

ミーンミーンミーン。ツクツクホーシツクツクホーシ。

「…。どうでもいいか」

知ってる人がいたら教えてください。他力本願。

ちなみにこんな感動動画!ちょっとグロい場面もありますけど、けっこう感動しちゃいますよ!



蝉、努力賞!
スポンサーサイト
iPOD!
iPODを買ってもらう予定だそうで!

って、いきなりですけど、訳の分からない人は一つ前の記事を読んでください!

iPODかぁ。俺は持ってない。なぜならば、WALKMAN派だから。音質がいいし、バッテリーの持ちもいいし、安い!見た目はどうでもいいとして、使い勝手は知りません。これもどうでもいいかな。ヘビーユーザーでもないんで。しかもしかも、USB接続でPCから充電可能!これは楽チンだ!曲をダウンロードしているうちに充電も完了してしまう!もしかしてiPODもそうなのかな?



自分のはこれとは別物ですが。

買ってもらえるかなぁ。どうかなぁ。本人は「無理です」って言ってたけど…(おいおい、そんなこと言うな!)。結果はどうであれ、精一杯頑張ってくれればそれでいいかな。お母さんもそれは分かってくれてるでしょう。

いやぁ、夏ですね。
任天堂DS
任天堂DS。これを子どもに買い与えるべきか、否か。友達と、そんな話しになりました(どんな話しだ…)。

話しの争点はここに絞られました。

 A:DSを買い与えれば…外出先で静かにしてくれる。

 B:DSを買い与えちゃったら…せっかくの外出なのに、会話が無くなる。

どっちも分かる!

子どものいない人からすれば、Bに賛同したくなる。でも、親の立場からするとAか?

二人の子を持つ友達は、その二人にDSを買ってあげてます。一つじゃケンカになるからって。完璧にA派。うんうん。君のご子息らはとりわけ騒がしい(元気がいい)からな。そうしてくれたまえ。一同賛成。

別の友達は絶対に買わない。「外出する意味が無くなるだろ!」と豪語していましたが、「ま、金が無いんだけどな」って。…。まぁまぁ、理由は何にせよ、とりあえずはB派です。

どっちが良くてどっちが悪いってこともないんでしょう。答えの出ない討論になり、結論の出ぬまま、宴会は終わりました…。

こんなくだらない話しで失礼しました…。

みなさんは、どっち派ですか?
Would you attend a party knowing the host has the swine flu?
Some people are considering it. Similar to the "chicken pox parties" attended by parents who want to avoid giving their child the chicken pox vaccine, "swine flu parties" may be in fashion. The idea behind these parties is to create a scenario in which kids share lollipops and sippy cups with a child who has been infected, with the hope that all of the healthy children at the party will also get sick and build up an immunity to the pox, thereby eliminating the need to get the vaccine.

ほんとにこんなことをしている親が!!?っていうくらい信じられない…。

簡単ではないですけど、ちょっと読んでみてください。ほんとに驚く内容です…。
Cloned baby その2
前回の"Cloned baby"の一部分を抜粋してみます。

Panayiotis Zavos has broken the ultimate taboo of transferring cloned embryos into the human womb,

とあります。クローン胚を人間の子宮に移植したと。越えてはいけないラインを超えてしまったような表現で、Panayiotis Zavos先生は"the ultimate taboo"を破ったと。

クローン胚を人間の女性の子宮に移植すると、クローン人間が生まれる可能性があるそうで。確かに、"the ultimate taboo"、究極のタブーを破ったという表現がぴったりだなぁと。

もしかしたら羊のドリーみたいなクローン人間が…。

"We are not interested in cloning the Michael Jordans and the Michael Jacksons of this world. The rich and the famous don't participate in this."

「マイケル・ジョーダンやマイケル・ジャクソンのクローンを生み出したいわけじゃない。金持ちや有名人はこの件には関与していない」と、Panayiotis Zavos先生は言ってます。

クローンと言ったらすぐにこういうよからぬこと(?)を思い浮かべちゃうのは自分だけでしょうか…?

Dr Zavos also revealed that he has produced cloned embryos of three dead people, including a 10-year-old child called Cady, who died in a car crash. He did so after being asked by grieving relatives if he could create biological clones of their loved ones.

3人の亡くなった人のクローン胚を作ったそうです。その中の一人が、交通事故で亡くなった、Cadyという10歳の子だそうで。親族にCadyのクローンを作れないかって、尋ねられたみたいです。

愛する我が子を早くに亡くしたら、そういう気持ちになるのも自然なことなんでしょうかね…。

とまぁ、かなり簡単に抜粋して、かなり簡単に訳してみましたけど、一部分を読んでみるだけでも、なるほどなって思えるんじゃないでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。